シリーズ第三回は、鍼灸による血流改善効果についてですニコニコ

鍼灸刺激は血流量を増やすという研究結果は多数報告されています。

足やお腹、腰に鍼灸を行うと、下半身の皮膚の温度や自覚的な温かさが上昇したり、足の血流量が増加したりするのです。

とりわけ女性にとって嬉しいのは、子宮に行く動脈の血流を増加させ、骨盤の中の血流を改善する効果が期待できるという事実ベル

実際に、施術を受けると汗を沢山かかれたり、身体の芯からぽかぽか感じられたりする方が多くいらっしゃいます。

血液は栄養素を送ったり老廃物を受け取ったりと、卵胞や卵子にとって文字通り生命線です。この血液がドロドロだったり(お血)足りなかったり(血虚)して流れが滞っていると、良い卵は育ちません。脳からの指令で出るホルモンもうまく卵巣まで運ばれません。

血流は良い卵に不可欠なのですビックリマーク

そして血液の質も大事です。血液の質は毎日口から入る食事や飲み物の質が決めますナイフとフォーク

英語に、”you are what you eat”という言葉があるように、身体に採り込むものすべてが自分の身体をつくるのですおにぎり

鍼灸師 いのうえ