クロミフェンとは
クロミフェンクエン酸塩といわれる薬物の通称。商品名としては、クロミッド、フェミロン、セロフェン、オリフェンなど。

クロミフェン(CC)は、その分子構造が女性ホルモンであるエストロゲンに似ており、投与すると,脳下垂体に作用して、もともと身体で作られているエストロゲンの働きをブロックします。これにより、視床下部が「エストロゲンが足りない」と間違った判断をし、性ホルモンの分泌量を調節しているGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)の分泌を増やします。その結果,下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)LH(黄体形成ホルモン)が分泌され,卵巣を刺激して排卵が誘発される、というしくみになります。

働きかける場所が、排卵のための命令系統の最も上層部の脳下垂体のため、何らかの理由で脳下垂体の働きに異常がある場合はCCは無効となります。

効果と副作用

自然の周期に比べ、より多量の性腺刺激ホルモン(FSH、LH)を分泌させるため、卵巣での発育卵胞数が多く(1-3個)卵胞も大きく育ちます。

KEGG DRUG情報による副作用は以下のとおり。
5%以上又は頻度不明:虚血性視神経症(急激な片目の視力低下)、発疹、精神変調、肝機能障害
0.1%~5%未満   :霧視等の視覚症状、頭痛、情動不安、悪心・嘔吐、食欲不振、顔面紅潮            尿量増加、口渇、疲労感

なお、CC単独投与であれば、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の発生は稀のようです。

CCのメリット

・内服薬のため、卵巣刺激のための注射や超音波検査、ホルモン値測定のための採血などのための通院する回数が、他の治療法に比べ少ない。

・他の治療法に比べ卵巣への刺激がマイルドで身体への負担がより少ない。

・OHSS発症リスクが低い。

CCのデメリット

・採卵可能な卵子は多くても2-3個と他の治療法に比べ少ないため、採卵を受ける回数が多くなり、治療が長期にわたる可能性がある。このため、もう少し多くの卵子を得たい場合は、CCに加えFSH/hMG剤を投与する方法がとられている。

・排卵をコントロールしていないため、予想より早くLHが放出され、採卵前に排卵したり、採卵のタイミングが早すぎて採卵した卵が未成熟や変性卵だったりする可能性がある。これを防ぐには、GnRHアンタゴニストを併用する方法がある。

・長期使用(5-6周期にわたり繰り返し投与するなど)により、CCのもつ抗エストロゲン作用で(エストロゲンが減少すること)、頸管粘液の減少や子宮内膜が薄くなり、着床を妨げる原因となる。これを避けるため、シクロフェニル(商品名:セキソビット)が使われることがある(排卵誘発作用はクロミフェンより弱い)。また、レトロゾール(商品名:フェマーラ)もこうした副作用が少なく、特に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方にはクロミフェンの代替で処方されることが多い(保健未適用)。