今や6組に1組は何らかの不妊治療を経験している日本。出産ジャーナリストの河合蘭さんの新刊本の冒頭の内容がこちらの記事に紹介されていました。実は、日本は、世界的に見ても体外受精の件数は非常に多い一方で、出生率は世界でも最下位なのです。河合さんの分析では、治療開始年齢が高いことに加え、適切な排卵誘発が出来ていないことが原因ではないかとの指摘。ご自身の体を知りそれに合った病院を選ぶのが如何に大切か分かります。

はり灸養生院いのうえでは、患者様のお身体やご事情に見合った病院選びのお手伝いもさせて頂いています(*^_^*)