K・Hさんは、第二子を希望されタイミング法、人工授精8回トライされたものの授からず、体質改善を図るため2014年2月に初めて来院されました。最初のお子さんをタイミング法で授かり、3年後に自然妊娠されており、各種検査でも異常のない、原因不明の不妊ということでした。とはいえ、お身体のほうは、普段から手足の冷えや肩こりがひどく、ここ最近は偏頭痛もあるため、全身の血流を良くしていく必要がありました。基礎体温が不安定で睡眠不足もあったため、血流改善に加え、自律神経を整えリラックスしていただくことを、鍼灸治療の目標におきました。

3月、4月に10回目、11回目の人工授精をされましたが妊娠成立せず、旦那様と話し合いの結果、体外受精に踏み切られました。6月に採卵、8月凍結胚を自然周期にて移植ののち、見事妊娠!複数とれた受精卵はすべてグレード最低ランクで移植に耐えうるものではないと培養士から宣告され、一時はかなり落ち込まれていました。医学的には説明できないところで、お母様、お父様の思いと赤ちゃんの生命力が強く結びつき力を発揮したのかもしれません^^

妊娠中は、お兄ちゃんの通院や幼稚園の送り迎えに忙しくされながら、時々体調を整えにいらしていただきました。今月無事男の子を出産されました。落ち着かれたら、一回り大きくなったお兄ちゃんと一緒にお顔を拝見させてくださいね^^このたびは本当におめでとうございます!!

最後にK・Hさんのコメントを紹介させていただきます。

「第2子不妊で通っており、お陰様で授かることができました。

先生は不妊治療に関することに大変詳しく、
治療のステップアップの際など、色々話を聞いてアドバイスをして下さいました。

肩こりや偏頭痛もありますので、産後も通い続けたいと思っております」

ありがとうございます 😛