DSCF0451鍼灸師として同じ職場で働いていた友人からこんなメールがきました。彼女は2歳になったばかりの男の子のママ。最近2人目が欲しくなり、基礎体温をつけて排卵日もばっちり特定してトライしているのになかなか出来ない。お灸するツボや、セルフケア、子宝に恵まれる養生の仕方など教えてもらえないかと。

彼女の質問に対し、私はこんな風に答えました。(あえてメール原文のまま掲載しています)

「どこかにいる赤ちゃんの存在を信じて、母体を整えて待つ。
直感が今のタイミングなのだったら◎。家族全員が新しいいのちを迎える準備が出来ていればOK。

ツボという意味では、2人目の場合、育児で身体を消耗していることが多いので、だいたい関元(丹田)は虚しているはず。○○さんもそうだったら、棒灸してみて。(*関元は、おへそから4本指下のツボです。)

それから、基礎体温つけてってところなんだけどさ、排卵って不思議で、気持ちよいセックスをすると、周期に関係なく排卵することがあるんだって。不妊治療をしても授からない人が、催眠療法でこれから来るであろう赤ちゃん魂さんに聞いたら、
「排卵日に合わせてタイミングをとってもダメだよ」と言われたというエピソードを本で読んだのね。赤ちゃんは生まれてくる日まで決めてお腹のなかに宿るんだって。^^

排卵日特定して頑張ってという繰り返しをしていると、なんだか焦ってしまって身体が硬くなる。そうなると交感神経が優位になって、血流、そして卵管采の動きが悪くなる。
せっかく排卵しても卵子を子宮に取り込めなくなる。
そういうひと、たあ〜くさん、みてます><

なので、赤ちゃんのいのちを信じて、夫婦仲良く、ゆったりと待つ。余計なことしない。でも母体だけは整えておく。それがいいのかもね!」

当養生院に赤ちゃんをお望みで訪れていただいている方ともいつも同じような会話をさせていただいています。

生殖とは本来、本能的な行為。頭を使い過ぎていては、十分なエネルギーを生殖に向けることが出来ません。妊娠に関する情報から一旦離れて、自分のからだ、いのちに向き合ってみてはいかがでしょうか。

2015年は、少なくとも?私の周りは妊娠ブームです!!この波にのって、一人でも多くの方のもとに赤ちゃんがやってきますように、応援させていただきます!!