冷たい雨が降り続くなか、6名の方にお越しいただき、「腎を守る 冬の養生法&お灸」講座を開催いたしました。鍼灸、漢方、薬膳など東洋医学の根幹をなす陰陽五行論における腎の位置づけと腎を養うことがいかに大切かをご説明しました。自律神経、排泄、精神力、疲労など腎に関係するツボにいつもの通り台座灸をすえていただいたあと、今日はお腹と足裏に棒灸を体験していただきました。ツボに直接おく台座灸とは違う感触に皆さん歓声をあげられていました^^この棒灸、本場中国ではごく普通に使われているものなのですが、煙がよく出ることもあり、日本ではあまり使われていないようです(とくにご家庭では)。煙さえ気にならなければ、すごく気持ちがよく、身体の芯から温まります。

IMG_0006 IMG_0007お腹や背中、腰など比較的面積が広い部分を暖めたいときや、体内の湿気をとりたいときなどに使います。妊娠をご希望の方は下腹部を、慢性中耳炎のお子さんには耳を暖めてもらっています。もちろん肩こり腰痛にも効果的です。当院では、背中と腰、お腹を棒灸で暖めることで、身体のバランスを整えています。

棒灸は、院内にて一本200円で販売しております。ご興味があればお声がけください^^/