おはようございます。冷えと乾燥が厳しくなってきましたね。ここ1ヶ月あまり胃腸炎が大変流行しています。インフルエンザもちらほら。皆様、加湿と温度に気をつけてゆっくりお過ごしください。

年末年始のご案内です。
年末は、27日火曜日まで診療させていただきます。
年始は、5日木曜日から。

写真は、左からカレンデュラオイル、ヒソップ、パインの精油。息子は風邪を引くと呼吸が苦しくなるのですが、このオイルを背中と胸に塗って寝ると楽になります。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-08-8-57-04

ヒソップは、抗ウィルス、去痰、交感神経強壮、抗喘息、抗炎症作用が認められています。喘息、気管支炎の第一選択肢。神経毒性のある一般種のヒソップではなく、匍匐性(ほふく性)のヒソップを選ぶようにしてください。

パインは、アカマツヨーロッパ、ブラックスプルースなど針葉樹とともに、コーチゾン作用といって、天然のステロイド剤の役割をしてくれます。こちらも、傷ついた気管支や皮膚の炎症改善に効果が期待できます。

ベースのオイルはカレンデュラでなくても、スイートアーモンドやオリーブオイル、ホホバオイルなど何でも良いです。ヒソップやパインは一般的に手に入りにくいかもしれませんが、ネットで検索すれば比較的買い求められます。喘息やアトピーをお持ちのお子さんのいらっしゃるご家庭に常備されると良いですよ!!