こんにちは!先週嬉しいご報告がありました。妊娠をご希望され、当院にお越しいただいておりました患者様、初めての体外受精で陽性の妊娠判定とのこと。

子宮内膜症や子宮筋腫の手術、子宮外妊娠などのハードルを超えたもののなかなか妊娠されず、昨年の12月に初来院。体調を整えられた後、3月に無事にグレードの良い受精卵を採卵。順調に行くかのようでしたが、まさかの筋腫発覚。信頼のおけるクリニックの先生方の支えもあり、6月の初移植でご妊娠されました。おめでとうございます^^>

ところで、初めての体外受精で妊娠される場合、妊娠し辛かった問題の背景には、ピックアップ障害に代表される、自律神経の機能低下があったと考えられます。

排卵時、卵子は、卵巣から一旦お腹の中に放出されます。そして、子宮の両脇に位置する卵管采にキャッチされて初めて、卵子は子宮に取り込まれます。このプロセスがうまくいかないのが、ピックアップ障害です。精子が卵管を泳いで行ったのに、卵子が待っていない状態が作られてしまうのです。

ピックアップ障害の原因はよくわかっていないのですが、おおむね加齢やストレスと関係があるだろうと言われています。卵管采の動きは自律神経の働きに関係することも分かっています。

赤ちゃんがなかなか出来ないストレス、周囲の心のない言葉、ネット上のあることないこと、通院のストレス、毎月のプレッシャー、仕事や家事との両立などなど。。。

妊活目的で当院にお越しになられる方の実に半数以上が、お体に特に問題はないのに、さまざまな心配事で自律神経がうまく働かず、赤ちゃんが授かりにくくなっていると思われるケースです。

妊活のこと、体質改善のこと、仕事や家族のことなどをお話しになられながら、施術をお受けになっているうちに、とくに通院されることもなく自然妊娠に至る方もいらっしゃいます。はりとお灸で自律神経が整うのと同時に、心配事が幾分か解消されることが、妊娠に導くのではないかと思います。

先のことを心配しても、何も産みだすことがないばかりか、体を緊張させ、血流低下と自律神経の乱れを起こす要因になるなんて、損だと思いませんか?

ご自身の力を信じて、いつか来てくれるかもしれない赤ちゃんを信じて、何にも動じず、ゆったりと待つ、この心構えがとても重要なのではないかと思います!!