先週の金曜日、午後からお休みを頂き、東京から遊びにきてくれた友人と大磯に海水浴に行きました。といっても私は浜辺で飲んでいるだけ、子ども達は波が高くて怖いといってパラソルの下でぼーっとしているだけでしたが(笑)

さて、今日は、私と同じく女性専門の鍼灸院に勤めている彼女と盛り上がった話題をひとつご紹介します。女性、とくに育児真っ只中の患者さんに必ずはりや灸をするツボがあるんです。私も彼女もデフォルトで使うツボ。それは、足の闕陰肝経という経絡に属する「太衝/たいしょう」^^/

実はこの太衝、イライラ解消、月経痛、月経前症候群、頭痛、眼の疲れ、ため息、不眠。。。。良くある女性のお悩みに何でも応えてしまうツボなのです。とくに、育児真っ只中のママは、基本的にイライラしていますから。。。これ以上は言わずもがなですね(笑)

場所は足の親指と人差し指の間をなでていくと最初に指が止まるところ。押すと大抵の人はズーンと鈍い痛みを感じるはず。そこだけが妙にブヨブヨしている人もいます。

お話をしている最中から指を鳴らすとか、お腹の上がドキドキしているとか、声の調子が上ずっているとか、何か痛みがあるとか、そういう傾向のある方は太衝に鍼を、全体的にお疲れ気味ですぐにでもため息をつきそうな方にはお灸をしています^^

はり灸には、辛い症状そのものを改善する効果のほかに、心を元気にする効果もあるのだと私は信じています。日々の雑多なことに行き詰まってくると私もはり灸を受けにいくのですが、身体が軽くなると心も軽くなる、そして家族にも優しくなれることを実感しています。

セルフケアでお灸をするのもよし、指圧をするのもよし。思い当たる方はぜひこの太衝を活用してみてください。

太衝について分かり易いページがあったのでリンクしておきますね。
http://ashita-seikatsu.jp/blogs/25540