東洋医学の知恵を日常に活かしもっと健康になって頂くためのシリーズ第二弾は望診(ぼうしん)です。
漢方や鍼灸などの東洋医学では、聴診器や体温計、血液検査ではなく、実際に人の体の様子を見て不調の場所や状態を探ります。この方法を望診と言います。例えば、顔色、肌の質感、舌の色や様子、声の調子、姿勢や体格などです。実はこれ、専門家でなくても少し知識さえあれば、自分や家族の体の状態を知る上でとても便利なツールです。

今回は、主に顔と舌を取り上げていきます。手鏡で顔や舌をじっくり観察していただき、ご自身の体の状態を知り、不調を防ぐための養生法を学んでいただきます♩もちろん、おすすめのツボのご紹介とお灸体験の機会もありますよ

健康法について、今までとちょっと違うアプローチを学んでみたい方、お灸をしてみたい方、ゆっくりほっこりしたい方、どなたでも大歓迎です。ぜひご参加ください♩

場所は二宮駅南口のはり灸養生院いのうえ。参加費500円 手足の出しやすい服装でいらしてください。お灸のお土産付きです。

参加をご希望の方は、こちらにコメント頂くか、メール(ninomiya@harikyu-yojo.com)をお待ちしております。

同じ内容で3/17 14-15時にも講座を開催します。ご都合の悪い方は別の日で承ることも可能です。ご遠慮なくご相談ください。

参加をご希望の方は、メール(ninomiya@harikyu-yojo.com)を頂きますようお願い申し上げます。お待ちしております。その際、ご参加される日付(3/2か、3/17)をお知らせください。