最近疲れやすい、足腰がだるい、冷えて仕方ない、排尿トラブルがある、髪の毛が抜ける、歯がおかしい、耳の調子が悪い、赤ちゃんができにくい、生理トラブルがあるなどといった症状は、腎(じん)の機能低下のサインかもしれません。

東洋医学では、腎には水分代謝のほか、生命力や生殖力に深い関係があるとみています。腎の機能が低下すると、呼吸器や消化機能にも影響し、全身のパワーダウンにつながりやすいことから、正常な腎のはたらきは健康維持に不可欠といえます。日々の暮らしのなかで養生したり、はり灸や漢方で腎を手当てすることを、東洋医学では、「補腎(ほじん)」といいます。

1972328_330077977181649_7898779080084538748_n写真の論文はお師匠先生が鍼灸の専門誌に書かれた論文です。「補腎ーこころもカラダも健全で長生きするためにはー」一般の方でも読みやすい内容となっています。先生の許可を得て当院で印刷したものを、ご来院いただいた方にお渡したいと思います。今月のお灸教室(29日13時~)でも補腎をテーマにしています。ご都合つけば是非お越しください♪