当養生院には、自律神経のバランスの崩れからくるお悩みを抱えた方が多数いらっしゃいます。

自分や家族を取り巻く環境の大きな変化や仕事上のトラブル、事故や病気治療など、多くは突然の出来事をきっかけに今まで経験をしたことのないような不調に見舞われるようです。愁訴の内容は、不眠や不安、イライラ、パニック、動悸、食欲不振、頭痛、腹痛、吐き気、めまい、立ちくらみ、発汗や体温調節の異常、集中力の低下、無気力など多岐に渡ります。不調もさることながら、他人と関わりたくない、会話もしたくない、といった状況に陥ることさえあります。

10683407_302977179891729_5827772683181242732_o近年、はり灸が身体に及ぼす影響についての医学的研究が世界各国で広がっています。はり灸をすると、心拍数・血圧ともに下がる、胃酸分泌が抑えられる、便通が整うなど自律神経機能を調節するほか、身体に生じた痛みを抑制する、抗ストレスホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌を促す、免疫機能を活性化させるといったことが分かってきています。

内科や耳鼻科、脳神経外科などで一通りの検査をしても原因が分からず、お医者さんからは「ストレスが原因でしょう」と言われるのが大抵のパターン。ここで終わることが出来れば良いのですが、心療内科を紹介され、抗不安薬や睡眠導入剤などを処方されたら少しやっかいです。こうしたお薬は効き目が高いだけに、副反応もあり、またなかなかやめることが出来ないといった面もあります。

自律神経を調節しているのは脳の視床下部といわれるところですが、その近くに女性ホルモンなどの内分泌ホルモンのコントロールセンターもあります。このことは、自律神経、内分泌ホルモンの一方の変動が他方に影響しやすいということを意味します。女性は生理周期というとても短いサイクルでホルモンの変動を経験するため、自律神経バランスを崩し易いといえるでしょう。

はり灸施術をお受けになった方は、一様に、不快な症状が解消されるだけでなく、気持ちがすっきりした、不安がなくなった、とおっしゃいます。施術中に様々なお話をされていかれるのもひとつの効用なのかもしれません。今まで元気だったのが嘘のように次々と降り掛かる症状に1人お悩みの方、一度はり灸を受けてみませんか?