概ね暖かい日が続きますが、身体の冷えを感じている方は多いのではないでしょうか?地表はまだ気温が低いのに上半身は暖かいので薄着になり油断してしまいがちです。上半身は薄めでも下半身はまだ冬の防寒着に近いような格好にしてお過ごしください。

また、この時期は新生活のスタートや人の入れ替わりなど今までのペースを乱されるような出来事が多く、自律神経が乱れがちです。妙にワサワサしたり眠りが浅くなったり(夢が多かったり)、イライラしたり。大体手足やお腹の冷えも伴います。花粉症も自律神経のバランスを乱した状態とも言えますね。

そんな時は、少し食事を見直してみましょう。炭水化物を少なく、たんぱく質、脂質を多めにバランスを変えてみるのです。炭水化物、特に精製された米や小麦粉、砂糖やデンプン(芋類など)は、摂りすぎると、血液中の糖分(血糖)を急激に上げ、ホルモン系統を乱し交感神経を緊張させる原因となります。朝はトースト、昼はおにぎりで済ませる代わりに、ゆで卵やハム、ササミ、大豆製品など良質なタンパク質や脂質で栄養補給をすると、自律神経やホルモンバランスが回復します。

栄養のことはおいおい書いていきますね^^‥