二宮町に引っ越して間もない私たち家族には地元にツテなど全くない状態でスタートしました。
でも、ひょんなことから夫が消防団に入団することに。。。
東京に住んでいた頃は消防団の存在すら知らなかったのですが、消防隊とは別の民間ボランティア(ほぼ)組織で、火事や水難事故などの際に消防隊の後方支援をしたり地元のお祭りの警備をしたりといった、地域の自助組織のようです。

店舗に関する耳寄りな情報は消防団経由でやってきました。
やはり商店街の中で駅徒歩2分。一階で店の前に車を停められるという好条件。
家賃は当初の予算を当然超えるし、当初描いていた「ひっそり開業」からは程遠いのがネックではあったのですが、そこはプライオリティを下げたので、何とか折り合いをつけるしかないでしょう。

その後何軒かみて回ったものの、めぼしいものもなく、結局この店舗に決めました。
最後は、プロフェッショナルとして質の高いサービスを提供することで、結果的に予算の問題をクリアしていこうという覚悟のようなものが背中を押してくれたような気がします。

借りることになった店舗は地元で何十年も続いてきた化粧品屋さん。少し長めに住んでいる人なら誰もが「ああ、あそこの後に開業するんですか。」と言ってくれるのも結果的には良かったかもしれません(^ ^)

次回は、店舗の賃貸契約の前に確認しておきたいことについて書きます。

(畑の風景)

20130813-224200.jpg