IMG_0642先週末、丹沢・塔ノ岳に登ってきました。
標高が高いところでは既に紅葉が終わっているところもありましたが、もみじやブナの葉の色づきを十分に楽しむことが出来ました。

登山は二宮に住み始めてから本格的に始めました。毎回、朝6時前に出発し、9時間近くかけて上り下り、温泉で身体を癒し、帰宅というコースです^^

仕事や家庭や子育て諸々に追われ、身体や心がさびついてくると、山に登りたくなります。山ではただひたすら一歩一歩前に進むことに集中します。日常の一切を忘れ、自分が大きな自然の一部であることを感じることができます。

身体は多少きつくても心はどんどん軽くなっていきます。下山して数日は筋肉痛に悩まされますが、やがて体調も整ってきます。東洋医学的には、気血のめぐりが良くなるのですね。

私にとって登山は、いまや身体と心のメンテナンスになくてはならない存在です。人間も自然の一部です。このことを忘れて自然からかけ離れた生活を送っていると、からだやこころのバランスを崩すのではないかと思います。

最近不調だなあ、なんだかいろいろうまく回らないなあ、というときに、登山はかなりおすすめです。何も高い山に登らなくても、公園やハイキングでも十分。本格的な寒さが到来するまえに、ぜひ!!