写真 のコピーこれから寒くなる季節に備え、当院に赤外線治療器サン・ビーマーを購入しました!

整形外科や婦人科でもよく使われているこのサン・ビーマー。最近は、不妊治療を行う婦人科クリニックで採用されることが多く、使用後に体表や体内温度が上昇し、卵巣周辺の血流が改善した、体外受精時の胚盤胞到達率が高まった、良好胚の個数が増えたなどの報告がされています。

もちろん、婦人科領域以外にもさまざまな効果が期待できます。人体と同じ8~15ミクロンの波長が皮膚表面から吸収されて熱に変わり、その熱がからだの深部まで到達し、全身を暖めます。
・血行をよくする
・神経痛、筋肉痛の痛みを軽減
・疲労回復
・筋肉の疲れをとる
・筋肉のこりをとる
・胃腸の働きを活発にする
のような温熱効果があります。

他の遠赤外線治療器に比べ、
・低温火傷をおこしにくい
・金属に反応しないので鍼などと併用できる
・熱さではなく、まろやかなあたたかみが感じられる

・上記の理由により、長時間照射が可能
といった特長があります。

数十分サン・ビーマーを腹部などにあてると、全身から汗がぴっしり出てきます。岩盤浴のような感覚ですが、岩盤浴に比べ、清潔にご使用いただけます。以前勤めていた治療院でもサン・ビーマーを使っていたのですが、もっとも多かったのが、「便秘が治った」という声でした。デトックス効果も十分ありそうです。

通常の施術に必要に応じて使っていくことで、はりきゅう治療と相乗効果を出せるかと思っています。ご興味のある方はぜひご利用ください。