IMG_0838おはようございます。今朝も寒いですね。

息子の幼稚園の松林、丹沢で拾ったまつぼっくりをクリスマスツリーに仕立ててみました。土台は、小田原のわんぱくランドの木工コーナーで手に入れた木片を使っています。

クリスマスまでの約一ヶ月間を待降節といいますが、ヨーロッパでは、昔からこの間、神と魔物の両方が降りてくると信じられているのだそうです。それで、ツリーやリースは、厄除け、魔除けのために玄関や室内に飾られるようになったのだとか。

リースはモミやヒノキなどの常緑樹の葉っぱを使って、毎年作るのがよいそうです。治療院内にも、先日作ったリースを飾っています。リースを作りながら、子供たちと年末を静かに待つ時間はとてもよいものです。一年間ご縁をいただいたすべての方のご多幸をお祈りつつ。。。