仕事をしている私はまず、通常保育終了後の預かり時間が長いこと、かつ、長期休暇中も預かってくれること、が最優先したい条件でした。そういう意味で私の住む二宮町で、しかも自宅から近いといえばU幼稚園しかなかったというのが本当のところです(笑)。

U幼稚園は、園バスなし、給食(注文)週2回、宗教色が濃い、お受験の子が多い(本当かどうか分かりません)などのイメージからか、町内の5つの幼稚園のなかで最も規模が小さい幼稚園です。園バスあり、宗教色薄い、どろんこ保育中心、地元小に上がる子が多い、などの理由で人気のあるM幼稚園(U幼稚園から徒歩数分のところにある)の半分以下の規模です。

息子はとてもやんちゃでどろんこ大好きなので初めはM幼稚園も考えたのですが、電話口で、「満三歳児でお預かりは受付していません」「お仕事されているのなら入園は難しいですね」ときっぱり言われました。一方、U幼稚園は、数年前に園長先生が代わってから、教育内容にモンテッソーリ教育を取り入れたり、保護者との対話を進めたり、と次々にそれまでの古い因習を脱ぎ捨てるなかで、預かり時間を町内でも最大の7時半〜18時半にするなど、働く母親の味方であることを前面に打ち出しています。実際、園でも働いているお母様も増えてきているとのことで、どうしても園の行事やお手伝いなどに仕事の関係で出られないことがあっても、先生初め周囲の方の理解も得られ易いようです。