男性不妊を訴えられて来院された患者様。約一ヶ月前に初診を受けられた際に、生活習慣の改善や自宅でのお灸を提案させていただきました。今日二診目を予定していたのですが、嬉しいキャンセルの電話が。

日本では、不妊の原因の半分が男性に由来するにもかかわらず、不妊外来のほとんどが女性中心の診療になっています。精液所見が悪い場合、医師から改善の余地なしとDSCF0353身も蓋もないコメントをもらい、結果的に本来なら必要のない医療処置を受けている可能性があります。医療側からみれば、精液所見を改善する手だてがあまりない現状、ステップアップして受精確率をあげた方が効率的なのでしょう。

精液所見に問題があり、その原因がはっきりしない場合、生活習慣の改善や、はり灸などの手当によって、所見が改善することがあります。睡眠や喫煙、アルコール、食品添加物、人工甘味料、過重労働、ストレスなど、「精子」と合わせて検索すれば、精液所見を改善するための様々なヒントが見つかります。漢方薬も良いですね。

妊娠というと何かと女性に注目が集まりますが、赤ちゃんにとっては、男女ともに心身ともに健康であることが望ましいのは言うまでもありません。今一度、男性側も何か出来る事はないか、ご夫婦で取り組んでいただきたいと思います^^

赤ちゃんを願う一人でも多くのカップルのもとに良い知らせがありますように。