はり灸養生院 いのうえ 不妊症・つわり・逆子・産後ケア・長年冷え症でお悩みの女性のための鍼灸院 お灸処 二宮 大磯 平塚 中井 秦野

不妊鍼灸治療

  • HOME »
  • 不妊鍼灸治療

未妊サポートのためのはり灸メニュー

未妊カウンセリング30分&体験治療60分 6000円

妊娠を待っていてもなかなか人に相談出来るものでもなく、「このままで本当に妊娠出来るのだろうか」、「今受けている治療法で効果はどれほど望めるのだろうか」、「何か自分でできることはないだろうか」など悶々とされている方は多いのではないでしょうか。はり灸は妊娠に良いと聞いたことがあるけど怖そう、いったいどんな効果があるのか?といった思いをお持ちの方もいらっしゃると思います。当院では、最新の生殖補助医療や西洋医学の専門知識、これまでの臨床経験をもとに、その方に合った妊娠への道のりをアドバイスさせていただくカウンセリングと体験治療のメニューをご用意しております。

3pr02_sp

カウンセリング&体験治療の流れ

・ カウンセリング(30分)
○当日お持ち頂きたいもの
基礎体温表、病院での血液検査結果、今までの治療結果が分かるもの(薬、注射の内容、人工授精や体外受精の結果、受精卵のグレードなど)

○ 問診票は事前に当養生院のホームページよりダウンロードして記入のうえお持ち頂けると助かります。お持ちでない方は当日ご記入いただきます。

ダウンロードはこちらから

○ 問診票とお持ち頂きました資料をもとに、補足的な質問をさせていただきます。

○ これまでの情報やご本人の希望をもとに、妊娠のために何が出来るか、西洋医学、東洋医学両面から考えていきます。妊娠のための身体づくりに必要なことや、はり灸によってどんなお手伝いが出来るかもお話させていただきます。具体的なお悩みがおありでしたらご相談ください。

・ 体験治療(45分)

○当院でご用意する患者着にお着替え頂きます。

○脈診、舌診、触診などでお体の状態を拝見し、治療ポイントを決めていきます。

○じんわり温かな温灸と心地よいはりの響きでリラックスしてください。

○治療が終了しましたらお着替え頂きます。

○季節の野草茶をご用意しております。本日の問診と治療内容をもとに、ご希望であれば今後の治療計画をお話させていただきます。

当院の未妊の方向けはり灸治療の特長

  • 「未妊」=からだとこころの準備がまだ出来ていない状態、をサポートします。

    妊娠、出産に不可欠なからだとこころの土台作りと生殖医療の補完的役割として
    →詳細

  • 検査などで分からない原因不明の不妊に対し、東洋医学に基づく解決策を提案します。

    原因不明だからといってあきらめないで。まだまだ出来る事はあります!
    →詳細

  • 不妊以外の症状の改善もはかり、お身体全体の底力をあげるような施術を致します。

    個人の体質に合わせた治療で基本的な生殖能力の向上をはかります
    →詳細

  • いのちを授かりはぐくみ、そして産み育てることの出来るからだ作りをお手伝いします。

    妊娠前からからだを整えておくと子育てもスムーズにいくし、赤ちゃんも育てやすいです!
    →詳細

  • 具体的なお悩みから原因を探り出し、改善にむけて適切な施術を致します。 

    →詳細

     

 未妊の方へのはり灸治療の具体的な内容

「未妊」=からだとこころの準備がまだ出来ていない状態、をサポートします

妊娠は、①健全な母親と父親の身体があり、かつ、②両者のバイオリズムが一致したうえで、③卵子と精子が出会い、④無事に受精卵が子宮に着床することで成立します。生殖補助医療は③④の手助けをしますが、人工授精や体外受精に何度チャレンジしても妊娠しないという方は、こどもを授かるためのからだと心の準備がまだ出来ていない状態にあると考えられるかもしれません(①②に該当)。

はり灸では、③④がスムーズにいくようにお手伝いすることはもちろん、その前段階(①②)のからだ作りのお手伝いもしていきます。からだを立て直すと妊娠に向けてのこころの準備も自ずと整ってきます。自然妊娠をお望みの方、一般不妊治療、生殖補助医療を受けていらっしゃる方、それぞれ、ご自身の妊娠に向けての力を最大限に発揮できるようサポートさせていただきます。

「検査などで分からない原因不明の不妊に対し、東洋医学に基づく解決策を提案します

妊娠しにくい理由は、検査などで判明しなくても、東洋医学という眼でみればみえてくることがあります。西洋医学が、からだに起きている症状や問題の解決にのみ焦点をあてているのに対し、東洋医学は、症状や問題の背後にある根本要因を探りその解消をはかるためです。

より根本的な原因を探るために、問診では、基礎体温や血液検査、治療歴などに加え、普段の生活や食事、睡眠などの生活習慣、現在の体調、生理の状況、過去の怪我や手術歴など多岐に渡る質問にお答えいただきます。さらに舌や脈の状態、姿勢を確認し、お身体に触れたうえで、妊娠を妨げていると思われる原因と治療法をお話させていただきます。

たとえば、月経周期に乱れがあり、月経前にもイライラしやすい、憂鬱になる、おなかが張る、頭痛や乳房痛がある、よく眠れないなどの症状がある場合、東洋医学では、気血を順調にめぐらせる「肝」の働きに問題があるとみます。気血のめぐりが悪くなると、ホルモンバランスが崩れて月経リズムが乱れ、排卵障害やピックアップ障害、自律神経失調などの症状を来たし、不妊につながることがあります。こういう方はお身体の緊張が強いため、はり灸で筋緊張をとり、自律神経を整えます。「肝」に関係するツボを刺激し、気血が巡るようにします。生活面では原因と考えられるストレスを出来るだけ減らし、冷えがあれば暖めるような工夫をしていただきます。

不妊以外の症状の改善もはかり、お身体全体の底力をあげるような施術を致します

たとえば、肩こりや頭痛をお持ちの場合、これらの症状の背後に妊娠を妨げる要因が隠れているかもしれません。

東洋医学では身体全体に気血がくまなく流れている状態を健康であるとみますが、首から上に何らかの問題があるということはどこかで気血が渋滞している(お血)、或いは気血が不足している(気虚)可能性があります。お血であれば、子宮筋腫や子宮内膜症、卵管癒着、月経前症候群、などを伴い、気虚では、内膜が厚くならない、質の良い卵子が育たないといった問題が起きやすいといった特徴があります。体内にある気血の量は一定なので、滞ったり不足したりして少なくなった気血は、生命維持に必要な脳や呼吸器、内臓などに集まり、子宮や手足といった生命維持に直接かかわらない部分には行き渡らなくなります。はり灸では、こうした気血のアンバランスな状態を改善することで、肩こりや頭痛を解消するだけでなく、結果的に子宮・卵巣に潤沢な気血が供給される状態に導きます。

いのちを授かりはぐくみ、そして産み育てることの出来るからだ作りをお手伝いします。

子供を持つということを考えたときに、妊娠はほんのスタートでしかありません。授かったいのちをお腹のなかで十月十日はぐくむ、そして無事に産み落とす。生後は授乳や排泄、食事などのお世話をする、夜泣きに付き合う、泣いたら抱っこする、遊び相手をする、などお母さんの身体は休まる暇がありません。

妊娠中からトラブルが絶えない、産後に体調を大きく崩し育児に集中できない、といった事態は、実は妊娠前からの身体作りが出来ていれば避けることが出来ます。

残念ながら高齢で妊娠されると、妊娠中のトラブルや産後の不調に見舞われる確率は高くなります。だからこそ、妊娠前からしっかりと自分の身体に向き合い、適切なケアをしておくことが大切になります。

当院では、妊娠を望まれている方には、妊娠中や出産、さらには産後のお身体の状態までも見据えた治療とセルフケア指導をさせていただいております。妊娠後もマイナートラブルの解消、逆子ケア、安産のためのはり灸治療、産後養生のお灸など、さまざまなお悩みに応えさせていただきます。

具体的なお悩みから原因を探り出し、改善にむけて適切な施術を致します。

女性にとって、妊娠に向けてのからだ作りとは、具体的にはどのようなことでしょうか。ここでは妊娠のプロセスを追って説明させていただきます。

①    卵子を育て排卵させるように卵巣に働きかける
からだの主な部位:脳の視床下部、下垂体、卵巣
条件:自律神経と内分泌ホルモンの働きが正常であること(自律神経)
血液が滞りなくホルモンを卵巣に運ぶこと(血流)
関連障害:PCOS、早発閉経、高プロラクチン血症、無月経、黄体機能不全、無排卵周期症
考えられる原因:器質性、自律神経失調、血流低下、ストレス、冷え
はり灸で期待できる効果 :器質性疾患に関しては西洋医学との併用治療が基本になります。ただ、原因不明と思われるものについては、自律神経や内分泌ホルモンの乱れとの関係が深いとされており、はり灸によってこれらの機能の改善が期待できます。

②    質の良い卵子を育て、排卵させる
からだの主な部位:卵巣
条件:卵巣の働きが正常であること(血流、自律神経)
酸素と栄養が豊富な血液が卵子を栄養する卵胞液に行き渡ること(血液の質)
関連障害:空砲卵、未熟卵が多い、黄体化非破裂症候群
考えられる原因:自律神経失調、血流低下、ストレス、冷え、栄養バランスの異常
はり灸で期待できる効果:採卵しても空砲だった、未熟卵が多い、変性卵が多い、受精卵の分割が進まない、染色体異常がみられる、といった場合、「卵子の質をいかにあげるか」ということが課題となります。

質の良い卵子を育てる条件は何でしょうか。一つ目は、卵巣の働きを司る内分泌ホルモンや自律神経がうまく働くこと。次に、卵巣への血流が豊富にあること。そして、最も重要なのは、卵子を栄養している卵胞液に豊富な栄養素と酸素が十分に行き渡っていることです。

はり灸では、脳や自律神経に働きかけることで卵巣の働きをサポートし、子宮内血流を増やす効果が期待できます。

一方、血液の質を良くすることが、卵胞液の状態を改善します。これは、食事内容や生活習慣を見直すことが大事です。からだを構成する大部分は食べたもので出来ています。化学調味料や食品添加物、動物性食品や塩分、油分の多い食事をなるべく避ける、適度な運動を心掛ける、などちょっとした工夫で血液の質は変化します。未妊カウンセリングでは生活習慣についてもお話させていただきます。

③    卵管が卵子をスムーズに運ぶ
からだの主な部位:卵管
条件:卵管内の通過障害がない
卵管の周囲に癒着ない(血液が滞りなく流れていること)
卵管の動きを司る自律神経が正常に働くこと(自律神経)
障害:卵管留水腫、子宮内膜症、ピックアップ障害、クラミジア感染症、逆流経血
考えられる原因:血流障害、栄養バランス異常、ストレス、冷え
はり灸で期待できる効果:卵管内が何らかの原因で詰まっているような場合は、通水検査や通気検査で通過障害を取り除くことが出来ます。問題は、いわゆるピックアップ障害です。これは、人工授精やタイミングでなかなか妊娠しないという方が体外受精をしてみて初めて判明するものです。卵管采の周囲に癒着がある場合、たとえば内膜症であれば手術も一つの選択肢ですが、根本的には卵管周りの血流を良くしていく必要があります。また、月に一回、卵管采がスムーズに動き、排卵された卵子を無事に子宮内に取り込めるかどうかは、自律神経との関係が深いとされています。はり灸治療では、瘀血(おけつ)を取り除き、自律神経のバランスを整えることで、ピックアップ障害の改善に向けてアプローチすることが可能です。

④    卵子と精子が受精する
からだの主な部位:卵管采
条件:卵管内の血流が正常であること(血流)
正常な卵子と精子が出会うこと
障害:分割障害、受精障害
考えられる原因:精子の問題、卵子の問題、卵管閉塞、血流低下、ストレス
はり灸で期待できる効果:卵管内の血流の問題は、通水検査や通気検査で物理的な障害を取り除くことに加え、はり灸で子宮内血流を増やすことが出来ます。

難しいのは卵子と精子が出会い、分割→受精のプロセスをきちんと踏めるかどうかです。分割途中で止まってしまう、受精してもグレードが低い、などといった問題は、卵子や精子の質や力が不十分であったからという説明が良くなされます。精子に問題がある場合は(卵子の透明帯を破れない、接着っできないなど)ICSI(顕微授精)の適応になることが多く、卵子の問題であれば、質の良い卵子を育てることという基本的な問題に還ることが求められます。上記のとおり、はり灸では、主に、内分泌ホルモンと自律神経の働きを良くする、子宮内血流を増やす、血液の質を改善する、という点から卵子の質改善をはかります。

⑤  受精卵が子宮内膜に着床する
からだの主な部位:子宮
条件:子宮内膜が十分に厚くなっていること(血流、ホルモン)
   着床場所に障害物がないこと
障害:着床障害
考えられる原因:黄体ホルモン分泌異常、免疫異常、子宮筋腫、腺筋症、ポリープ、子宮内搔は術の既往など、不育症
はり灸で期待できる効果:子宮内膜を妊娠に適した状態に整えるには、エストロゲンとプロゲステロンの働きが正常であること、また、子宮内への血流が十分であること、が条件になります。はり灸で身体の冷えをとり、血流を改善していくと、ホルモンの働きもスムーズになっていきます。

筋腫や腺筋症、ポリープなどの場合、症状の程度によっては手術もやむを得ないかもしれませんが、根本にあると思われる瘀血(おけつ)の解消や食生活などの生活習慣の見直しによる体質的な改善をはり灸でははかっていきます。

 

 

 

 

メール予約24時間受付中 TEL 0463-63-3075 月火木金(9−17時)、第1・3土曜日(午前中) ninomiya@harikyu-yojo.com  JR東海道線 二宮駅南口徒歩2分

Copyright © はり灸養生院いのうえ All Rights Reserved.