20140204-103247.jpg

今朝、ご近所でいろいろお世話になっていて院にもいらしてくださっている農家の方から、採りたてのカリフラワーを届けていただきました(^-^)/

「カリフラワーっておっきな葉っぱの中に白い顔をちょこんと出していてかわいいのよねー」(農家さん)そんな愛情もたっぷりの野菜や果物(実はみかん農家さんなのです)を農家さんから直接頂けるという最高の贅沢!二宮では街のあちこちに地元で採れた野菜や果物を安くで手に入れることができるので、お陰であまりスーパーに行くことがなくなりました(^ ^)

さてこのカリフラワー。
ビタミンC保有量は淡色野菜のなかではトップクラスだそうです。食物繊維も豊富で腸内環境を整えてくれます。カリフラワーのビタミンCは熱による損失が少ないので、この点でもお得感の高い野菜と言えそうです。

ビタミンCは、
•高い抗酸化作用
•コラーゲンの生成を助け、メラニン色素の生成を妨げる→美肌効果
•抗ストレス作用
などの嬉しい働きがあります。

さらにカリフラワーには他にもこんな成分が含まれていて、生活習慣病を予防するにはまさにうってつけの万能野菜と言えそうです。
•カリウム→血圧降下、コレステロール上昇の抑制→脳血管障害の予防
•イソチオシアネート→発がん物質の代謝を活性化する働きを抑制する
•ステロール→癌、腫瘍の増殖を抑制する
•インドール→発がん物質を無毒化する
•フェノール→発癌抑制効果
•メチルメサネサイホスルホネート→癌増殖を抑える

東洋医学では、カリフラワーは、胃腸虚弱や胃もたれ、疲労回復、筋肉や骨を強くする食べ物として考えられています。

一年のうちでカリフラワーが比較的手軽に手に入るこの時期、ぜひ日々の食卓にとりいれてみてくださいね。