こんにちは。鬱陶しい日が続きますね。この天候のせいか、体調を崩す方が多いようです。くしゃみ、鼻水、鼻づまりのようなアレルギー症状、せき、かゆみ、頭痛、吐き気・腹痛・下痢、めまい、微熱、だるさ、脱力感は、もしかするとここのところの気圧の変化のせいかもしれません。

天気や気圧は自律神経と関係があることが分かっています。低気圧、雨の日は副交感神経が優位になります。闘争モードの交感神経と違って、リラックスモードの副交感神経が行き過ぎると、体のあちこちが故障を起こして「とにかく横になって休んでいたい」状態になります。

こんな時、副交感神経の働きを鎮めるとっておきのツボがあります。手の薬指の爪の際にある、関衝(かんしょう)と言うツボです。ここを揉んでみてください。ツボの場所は外側の方なのですが、爪の両際を刺激しても大丈夫です。

今流行っているようですが、両耳を揉んだりひっぱったりするのも良いですね。ぼーっとしていた頭や目がシャッキリします^^

自分で色々やってもどうしても症状が改善されない場合は、自律神経を調整するのが大得意な鍼(はり)をお試しください♬

cbf46253