冬になると普段冷えを意識していなくても足先の冷え、気になりますよね。
靴下を何枚も重ねても、カイロを貼ってもなかなか温まらない人、多いのではないでしょうか。

さて、足首を暖める効果に書きましたとおり、現代人は眼や脳など上半身に血液を沢山使い過ぎる一方であまり下半身を動かさないため、下半身の冷えが圧倒的に多いんです。心臓から送られた血液が全身の細胞を栄養し、やがて足先からまた心臓に帰るのですが、その力が弱いため、あちこちで血流が滞ってしまうのです。

足先の冷えは、全身の血流が滞っていますよというサインなのですさらに足先が冷えている人はむくんでいることも多いです。自覚症状がなくても靴下を脱いだら跡がつくのはむくんでいる印。体内で代謝されずに余った水は重いので足にたまるんです

そこで、注目したいのがふくらはぎの筋ポンプ作用です

筋ポンプ作用は足の静脈を心臓に戻すのに欠かせない働きです。ふくらはぎを動かすと筋肉が収縮し、静脈を圧迫します。すると血液が絞り出されて動き、筋肉が緩むタイミングで心臓の方向に吸い上げられるのです。

ずっと立っていたり座っている、あまり歩かないといった生活をしていると、筋ポンプ作用がうまく働かず、余分な水分が溜まってしまい、冷えてしまうのです。

実際、冷え症に悩まれている患者さんの足を触っているとふくらはぎに力がない方が多いです :cry:足先の冷えを放置しておくと、冷えからくる症状、例えば生理痛、肩こり、腰痛、頭痛、鼻炎など(もっとありますが)に悩まされることになります。

日常生活のなかで、少し意識してふくらはぎを動かしてみませんか?なるべく歩いて移動する(自転車は筋ポンプをあまり使いません)、階段を使う、椅子から立ち上がるときに足を伸ばしてふくらはぎから着地するように立つ、そういったことで十分です。少し意識するだけで、びっくりするほど足先がぽかぽかしてきますよ ぜひ明日からやってみてくださいね。